~銀行融資を受けるに当たって~
国民生活金融公庫 ■信用保証協会 ■プロパー融資 ■独立開業(創業融資) ■金利 ■格付け ■担保・保証人

Copyright© HKConsulting Co,.Ltd All rights reserved


1)現金預金

「晴れている時に傘を貸し、雨が降った時には貸さない」 銀行の融資スタンスを揶揄する時に言われます。 「金がないから借りるんだ」 まさにおっしゃる通りです。しかし、多少は持っていて欲しいのです。 銀行も極力、貸倒れを出さない為にも、返済可能な企業、つまり相応の現預金をもっている企業に融資をしたいと考えます。 決算書に表れる「現金預金」は、たった一日の残高です。多いと少ないとで銀行員の印象は随分と違うのです。

                                                             ▲ページのトップへ


2)代表者・役員への貸付金が増えてませんか?

もし、そうであるならば、決算前には返済を受けましょう。
代表者への貸付金が増えているということは、銀行の融資も代表者へ流れる可能性があると判断されます。もちろん、一定の役員給与としての支給ならば問題はないのですが、役員個人の貸付は決算前に一旦は精算をして、どうしても必要ならば、再度、貸し付けるようにしましょう。
                                                             ▲ページのトップへ


3)仮払金、仮受金がずっと残ってませんか?
小さな金額(例えば、総資産の中の割合で)であれば、特段問題はありませんが、意味無く何年も継続して残っているものがあれば、税理士さんと相談して、処理していただきましょう。
                                                             ▲ページのトップへ


4)代表者・役員からの借入金が増えていませんか?
代表者への貸付金ほど問題ではありませんが、代表者からの借入金があるならば、一旦は返済をしましょう。こちらは、財務指標としての評価をあげる点で有効です。具体的には、自己資本比率が高くなります。

負債の多い会社は銀行としても融資審査は慎重になります。返済能力の観点からしても、問題がありえるとみなされるからです。もし借入金が役員や関連会社からのものである場合は、決算前に一旦は返済をしましょう。翌期首に再度、借り直してもいいのです。それで決算時には負債は減ったことになります。また、銀行は重要視する指標のひとつである自己資本比率からしても改善されます。
                                                             ▲ページのトップへ


5)株主資本について
今般、会社法の制定により、「資本金が1円から株式会社を作れる」などと簡単にうたい文句で、巷の本屋では、発売をされていますが、銀行から見ますと、そういった会社は、一番融資を受けにくい会社といえます。
実績を積み、内部留保が厚くなれば別ですが、創業時では、最低限の資本も無く、ビジネスモデルも確立出来ていない中では、何を見て審査すればいいのか、という部分に突き当たります。銀行の基本は、書面での審査です。やはり、創業時より、銀行より融資を受けて、事業拡大を目指すならば、従来通りの資本金相当は用意した方がいいでしょう。
                                                             ▲ページのトップへ


6)指標について 自己資本比率
教科書的に話をしますと、株主資本/総資産 となります。
いわゆる内部留保といい、その会社の資産から負債を差し引いた金額である株主資本を総資産で割った比率です。その会社が総資産のうちどの位、内部留保があるかをもつかという比率です。自己資本比率が高いと、一般的には融資を受けやすくなるポイントも高くなります。
銀行員から見る評価の高い企業の自己資本比率は、業種により隔たりがございますが、製造業で10%以上、資産の保有の少ないサービス業ならば、20~30%を目処に引き上げるのが望ましいといえます。
逆に、業歴が長いにもかかわらず、極めて少ない利率の場合は注意が必要です。
                                                             ▲ページのトップへ


7)自己資本比率の上げ方
銀行員が注目する重要な指標をどのように良くすればいいでしょうか?
王道はあくまでも、本業での利益を増やし、内部留保を厚くすることです。

裏技としては、経営者自身や家族などから多額の借入金がある場合に使えるテクニックとして、借入金を資本金に振り替えてしまうのです。
デットエクイティスワップと呼ばれるものです。
借入金を放棄してもらう一方で、株式にする手段です。こちらは、登記が必要となります。
                                                             ▲ページのトップへ

銀行融資の受け方
株式会社HKコンサルティング TEL:048-222-5203


8)粗利率について
売上総利益/売上高の比率です。銀行は、財務分析をする際に、もうけの比率も確認します。こちらも製造業やサービス業等でさまざまな違いがありますが、一般的に業界内での指標や、自社の過去の粗利率の推移を重視します。

                                                             ▲ページのトップへ


9)売掛金について
銀行員は売掛金の内容を注意深くチェックします。
貸倒懸念のあるものや、回収可能性の低いものが多いことや、架空計上といった粉飾の恐れがあるからです。
貸倒懸念のあるものは、将来の会社の収益を圧迫要因のあるものとして、厳しく評価されます。
受取手形を含め売掛債権が不自然に増加すると、粉飾をしているか、販売先からの回収条件が悪化したのかと考えます。
銀行からすると、架空債権の計上、不良債権の発生、債権管理がずさん、取扱商品に魅力がなくなり競争力がないのか、等を確認します。

                                                             ▲ページのトップへ

1)現金預金

お問い合わせ

3)仮払金、仮受金がずっと残ってませんか?

実績
サービス内容
会社概要
企業理念

2)代表者・役員への貸付金が増えてませんか?


4)代表者・役員からの借入金が増えていませんか?

資金調達コンサルタントを使う5つの強み
銀行に借入の申込みに行く前にちょっと待って! 調達手段の多様化を図りましょう

6)指標について 自己資本比率

銀行融資の受け方:トップページプライバシーポリシーサイトマップ

5)株主資本について

② 決算 編

7)自己資本比率の上げ方

銀行が融資をしたい決算書ってあるんです。もちろん、一般的には、売上が伸びていて、利益が出ている会社なんでしょう。しかし。。。

銀行員は、貸借対照表・損益計算書ともに見ているのです。

10)返済能力としての利益

9)売掛金について

<<戻る

この決算書でいいの?


10)返済能力としての利益
銀行員が、融資判断の際に融資が実際に返済されるのかを見極める指標の一つです。
原則は、営業活動により生じた利益で返済していくと考えますので、「税引き後当期利益」が重要となります。これに実際のキャッシュフローを加味します。
「返済能力としての利益」とは、「税引き後当期利益」+「減価償却費」の合計額です。
一般的に、「借入総額」÷「返済能力としての利益」=返済可能借入期間 となりますので、この返済可能借入期間内にて、融資期間が決定されます。

                                                             ▲ページのトップへ

8)粗利率について